トマトとビタミンEの美肌効果

最近解明した、トマトの美肌効果とは

イタリア女性の秘密

トマトを多く食べている国と言えば、イタリアが挙げられます。

 

イタリアの女性は、ほぼ素肌にしている方がほとんどです。
化粧水などをつける程度で、ファンデーション、パウダー類は一切使わない人が多数。

 

ノーメイクで美しい女性が多いイタリア。
その美肌の秘密には、トマトが重要な役割を果たしています。

 

トマトには、とても豊富なビタミンとミネラル、さらに食物繊維が含まれています。
また、リコピンとカロテンが多いだけでなく、ビタミンA、C、E、そしてカリウムやルチンなども多く、とても優れた野菜、と言えます。

 

最近数年間で特に注目されているリコピンには、身体に対して害を与える活性酸素を抑える力の「抗酸化作用」があります。
人は呼吸するため、空気は大切なものです。

 

空気の21%は酸素で、この酸素は体内で栄養素と結びつき、エネルギーを作り出します。
その時、使われなかったものは酸化してしまうのです。

 

この、「酸化してさび付いた酸素」のことを、「活性酸素」と言います。
活性酸素の影響で体の機能が正しく働かなくなり、ガンや生活習慣病などの原因になります。

 

「抗酸化作用」は、体内をさび付かせないようにする力、と言えます。

 

つまり、トマトに多く含まれているリコピンは、活性酸素を取り除いて、老化や生活習慣病を防止する働きが高いのです。

 

これは、世界各国においての調査、そして研究でも明らかになっています。
トマトに含まれているビタミン類やカリウム、ルチンなどは、血液をサラサラにして、血管も丈夫にすることも確かです。

トマトの新たなパワーが明らかに

最近の研究結果では、リコピンにはメラニン生成を抑制する効果がある事が認められています。

 

しみ、そしてソバカスの原因となるのがメラニンです。
それを抑える効果が、リコピンにはあるのです。

 

さらに、この「リコピン」と、ビタミンEを一緒にとることで、リコピンの細胞吸収を高める、という研究結果も報告されています。
つまり、美白効果がさらに高まるわけです。

 

ここで、ある研究機関が行った、リコピンとビタミンEがメラニンの生成に対して、どのような影響を与えるのか、という研究の結果を挙げてみます。

 

研究の方法

培養した細胞にサンプルを与え、3日後にメラニンの量を測定。
サンプルの濃度は、リコピンは0.5μg/mL、ビタミンEは50μg/mL。

結果

基準の物と比較して、ビタミンEとリコピンは、それぞれ単独でメラニン生成の抑制効果が認められた。
さらに、組み合わせることで、ビタミンEだけの時より1.9倍、リコピンだけの時より1.4倍、メラニン生成抑制効果が高まることが確認された。

 

オリーブオイルには、他の植物油と比べると、およそ3倍から5倍ものビタミンEが含まれています。
トマトとオリーブオイルを組み合わせた料理は、理想的な美白のための料理、と言うことができるでしょう。

 

 

私が試した!トマ美ちゃんの体験談はこちらから