ウォーキングを取り入れて

ウォーキングを取り入れる

ダイエットの効果をさらに高めるためには、ウォーキングを日常の習慣にすることが効果的です。
目標は、一日につき8千から1万歩で、一週間で5から6万歩になるようにするとよいです。

 

これを取り入れることで、多くの方について、減量や体脂肪率の低下が望めます。
普段の生活で、積極的に歩くように心がけましょう。

 

軽く息がはずむ程度の苦しくないペースで、リズミカルに歩きます。

 

またウォーキングの前後には、軽くストレッチをして、筋肉をほぐし、さらに水分を補給しておきましょう。

 

ウォーキングだからといって固く考えることはなく、散歩や買い物のように、普通の生活や趣味など、歩く時に取り入れることで、長い間続けることができるでしょう。

 

 

ストレッチについて

普段運動をしなかったり、運動の経験が浅い人が、突然ウォーキングをしたり、激しい運動をはじめると、体を痛めてしまう原因になります。
ストレッチで筋肉をやわらかくほぐしておくことが大切です。

 

片脚を前に出して、ひざの裏とヒップを十分伸ばし、この状態を10秒キープします。

左右の脚を入れ替えて行ってください。

 

 

両手を腰に当てて、両足をそろえます。

この状態のまま、ゆっくりとひざを曲げて、腰を落としたら、ひざをゆっくりと伸ばしながら元に戻ります。
これを3回繰り返します。

 

軽く両足を開いて、上体の力を抜きます。

前屈をし、ひざを伸ばして、背中とヒップを伸ばします。
この状態を10秒キープします。

 

腰に両手を当てて、肩幅程度に両足を開きます。

そのまま、ゆっくりと大きく腰を回しましょう。
左右交互に5回ずつ行ってください。

 

片方の手でもう一方のひじを持ちます。

肩を伸ばして、そのまま10秒キープします。
左右、手を替えて行います。

 

片手でもう一方のひじを持って、胸のほうへ引き寄せます。

上腕を伸ばして、10秒キープ。
左右の手を替えて、行ってください。

 

ダイエットのためのウォーキングのポイント

 

スピードは苦しくない程度
リズミカルにきびきびと
出来るだけ毎日、20分以上は続ける

 

正しいウォーキング

視線はまっすぐにして、腕は力を抜いて軽く振ります。
背筋を伸ばして、お腹を引き締める気持ちで歩きましょう。
また、ひざは曲げないよう意識します。歩幅を大きくして、踏み出す足は、まずはつま先を上げて、かかとから着地をします。

 

着地した後は、かかとからつま先でけりだすように、足の裏全体でローリングします。

 

 

私が試した!トマ美ちゃんの体験談はこちらから