リコピンの吸収力が違います

リコピンは取り続けることが必要

トマトの中にある栄養成分で、最も重要度の高い「リコピン」。
このリコピンは、毎日とることで効果を出します。
体内に入ったリコピンは、その後は一週間から10日程度で血液中の濃度が半分にまで下がります。
また、紫外線を浴びることでも急激に減っていきます。

 

そのため、濃度を一定に保つ目的でリコピンは長期間取り続けていくことが理想的です。

 

普通では吸収しにくい

ただ、リコピンはトマトの細胞壁の中にあって、それを外に出してあげないと吸収が悪くなります。それを改善するためには、加熱をしたり、細かく切ったりする必要があります。

 

また、リコピンの吸収の力を高めるためには、油と一緒に取ったほうがよいことが分かっています。生食よりも、オリーブオイルなどを使って調理したほうが、体に多くのリコピンを取り入れることができます。

 

さらに、油と一緒に加熱をするとリコピンの40%が体内に吸収されやすい形に変化します。

 

手間をかけずに、効率よく

リコピンと油の組み合わせは非常に強力なものですが、毎日調理をする事で摂取をすることは、手間を考えると、現実的ではありません。
なぜなら、先ほど話したようにリコピンは長期間取る必要があるからです。
毎日トマト料理を長い期間作り続けることは、とても手間がかかります。
忙しくて料理をするための時間が取れないときもあります。

 

だから、「毎日きちんとリコピンを摂取する」という目的を実現するには、もっと合理的で、実現可能な方法を実行することが必要になります。

 

一見、実現不可能とも思えるこの方法を、手軽に叶えてくれるのが「トマ美ちゃん」です。

 

トマ美ちゃんには、リコピンの吸収を促進するため、油が加えられています。
そのため、普通に飲むだけで、吸収力の高い状態の「リコピン」を手軽に取り入れることができます。

 

この方法なら、長く続けることも非常に簡単にでき、リコピンの効果を最大限に高めた状態を長期間保つことが可能になります。

 

生の、そのままの状態のトマトを毎日調理して食べる場合と、ただ飲むだけの場合、この2つを比べると、手軽さの違いは明らかです。

 

しかも、リコピンについては、簡単ながら調理したときと同じ効果が期待できます。