ダイエット時、甘い物がほしい時には

甘いお菓子などがほしくなったら

ストレスが原因で食べ過ぎてしまって、その結果リバウンドをしてしまった経験は、誰にでもあるでしょう。
特に注意していただきたいのは、忙しく、イライラしている時です。

 

甘いお菓子などを大量に食べすぎてしまったり、お酒を飲みすぎたりして、その勢いでおつまみまで食べ過ぎた、という失敗をする人もいます。
こうならないよう、上手にストレスを発散できるコツを知っておくことが大切です。

 

では、そのポイントを説明します。

 

気分を変える

まず、ストレスが起こり、それで「食べたい」と言う気持ちを猛烈に感じたら、最初に温かいお茶、またはハーブティなどを飲んで、リラックスを心がけます。
また、ガムを噛んだり、歯を磨いたりして気分をリフレッシュするのも効果的です。
飲み物と一緒に、80キロカロリーまでの間食を食べると、食欲も満たされ、落ち着いてきます。

 

また、この時の間食には、代謝を促進するビタミンやミネラルが含まれているナッツ類(食塩や、油脂などが添加されていないもの)や、フルーツがおすすめです。

 

そして、たんぱく質と脂質が少しだけ入っているものを選ぶことで、血糖値が上昇するのがゆっくりになり、さらに腹持ちも良くなるため、牛乳や豆乳、またヨーグルトなどを使うこともいいでしょう。

 

しかし、食べ過ぎることだけには注意してください。
間食は1点だけ、と決めて、小さなお皿などに取り分け、それだけを食べるようにしましょう。
だんだん、その量で満足できるようになっていきます。

 

お酒も原因の一つ

また、ストレスによってお酒の量がふえ、それが原因でリバウンドを招くこともあります。
アルコールには食欲を増す効果があるため、おつまみを食べ過ぎてしまい、それでエネルギーオーバーになりがちなんです。

 

ですから、毎日の飲酒は出来るだけ控えましょう。

 

ものたりない、と感じたら、炭酸水やお茶などをうまく使って、適量のお酒を楽しみましょう。
そして、おつまみは油っぽい料理を避けて、主に野菜や海草、大豆の製品などを選ぶようにしましょう。

 

 

私が試した!トマ美ちゃんの体験談はこちらから